本文へ移動

ピースノートの8R

環境配慮に関するキーワード3R「Reduce: リデュース:減らす; Reuse: リユース:繰り返し使う; Recycle」はもちろん、私たちは独自の8Rを目指します。
もっと”Re”できること、これが今後の環境を考える上で必要になると考えています。
 

01.リサイクル【再利用】

再循環を指し、製品化された物を再資源化し新たな製品の原料として利用することです。
リサイクルには大きくマテリアルリサイクルとサーマルリサイクルに区分されます。マテリアルリサイクルとは素材としての再利用、サーマルリサイクルとは熱としての再利用になります。Reduce, Reuceと共に【 3R 】と呼ばれています。

02.リデュース【減らす】

英語で「減らす」のことで、環境負荷や廃棄物の発生を抑制し、無駄・非効率・必要以上の消費?生産を抑える事を指します。
ゴミそのものを出さないような考え方で、物を買ったり貰ったりする前に、本当に必要な物か、今ある物で代用出来ないか考えて行動します。
私たちの暮らしでは、エコバッグ、マイボトルやマイ箸などが良い例です。Recycle, Reuseと共に【 3R 】と呼ばれています。

03.リユース【再利用】

一度使用された製品を、そのまま、もしくは部品を使用することです。
私たちの暮らしの中では、リサイクルショップに売りに行ったり、フリーマーケットの利用などにあたります。
ビール瓶などの瓶製品なども昔からあるReuseになります。Recycle, Reduceと共に【 3R 】と呼ばれています。

04.リメイク【作り直す】

いらなくなった物や服などに、ひと手間かけて Reuse します。
古いもの、いらなくなった物、愛着があってなかなか捨てられないものを、より楽しく使いやすく蘇らせることにより、また Reduce につながっていきます。

05.リクリエイト【再創造する】

廃棄物などを材料とし、新たに製品を造り上げて行きます。
アーティストやデザイナーの方などと協力し、少しでもゴミを減らし、またより良い物を生み出して行きます。
今までゴミとして廃棄してきた物に、新たな価値を生み出し、ゴミに可能性を造りあげて行きたいと考えております。

06.リフレッシュ【新たにする】

従来の循環型社会の考え方、その上にこれらの新しい考え方をプラスして、行動や気持ちを Refresh していく考え方です。
現代の循環型社会(リサイクルの考え方)は、現状として企業?メーカーは赤字に転じる事が多く、世間で認知されているほど行われていません。また、全てのリサイクルが環境に良いわけではなく、環境破壊型リサイクルもあり、正しい見極めが必要になってきます。それらをふまえた上で、新しい循環型社会の可能性をご提案できるよう、更なる努力を続けてまいります。

07.リアライズ【理解する】

一般の方から企業の方まで、環境や廃棄物に関する問題等を少しでも理解していく考え方です。
循環型社会をもう一度見直し、より暮らしやすい生活への現実化に向けて、お手伝いさせて頂ければと考えております。

08.リアース【地球に返そう】

私たちの生活で発生する廃棄物、ゴミは、もともとは全て地球にある大切な資源から成り立っています。
これら資源は私たちが生活する地球上にある物質であり、地球の恩恵が全ての人達の暮らしを支えている、と言っても過言ではありません。
ごみや廃棄物を簡単に処理するのではなく、地球に還元できる方法、可能性を模索し、また現実化にむけて考え行動して行きたいと考えています。私たちは大切な資源を無駄なく循環させ、地球を少しでも元ある形(ReEarth)になるよう更なる努力を続けてまいります。

 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 028-680-6380
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
TOPへ戻る