本文へ移動

【コンテナ好きのためのコラム】   

【コンテナ好きのためのコラム】03「地球上にコンテナは何個あるの?」の話

2022-03-01
カテゴリ:コンテナ
注目オススメ
不定期連載:コンテナをもう一度最初から
 
○「地球上にコンテナは何個あるの?」の話
 
みなさま、今回はコンテナが世界にどのくらいあるのか?なんて思ったことはありませんか?私が調べた結果を共有したいと思います。
 
(画像1)
結論から申し上げますと「正確な数は不明」というのが正直なところです。
常に生産されているということと、ビジネス的な側面で保有コンテナ数が公開されていないからです。
 
それでも色々と調べてみた結果、下記の数字が立ち上がってきました。
 
稼働中のコンテナ 2300万〜3850万TEU
払下げのコンテナ 1400万〜2330万TEU
新造のコンテナ  600万〜1000万TEU
 
全世界で合計4300万から7180万TEUのコンテナがあります。
 
ひとつずつ説明していきたいのですが、
まず、TEUという単位、単位なのですが、twenty-foot equivalent unit、20フィートコンテナ換算ということでして、コンテナ船の積載能力やコンテナターミナルの貨物取扱数などを示すために使われる単位です。
1TEUは20フィートコンテナ1個、もしくは10フィートコンテナ2個と考えられます。
「コンテナの大きさ」の回でお伝えした通り、コンテナは様々な大きさがあるものですからコンテナ船などの積載能力をメーカー間で共通の表現にするために便利な単位となります。
 
次に、稼働中のコンテナというのはお分かりでしょうが実際に貨物を運んでいるコンテナの数ですね。コンテナ船や鉄道、トレーラーなどで運ばれているコンテナです。
 
払下げのコンテナというのは、貨物を運ばなくなったコンテナですね。大体10〜12年で輸送用コンテナとしての役目を終えることが多いそうです。
 
新造のコンテナというのは、新しく造られたコンテナです。
ちなみにほぼすべてのコンテナは中国で造られており、CIMC Group、CXIC、DongFangの3つの中国企業がトップ3のコンテナ製造企業です。
※CIMC(China International Marine Containers)
※CXIC(Changzhou Xinhuachang International Containers)
 
(画像2)
今回は「地球上にコンテナが何個あるの」って話でしたけども、いかがでしたでしょうか?
たぶん、1億個は優にあるかと思いますね。78億といわれる世界の総人口に対して1億個はどうでしょうか?多いですか?少ないですか?
 
コラムとしてなんとも締まりが悪いですが私のリサーチ、以上となります。
お読みいただきありがとうございました。
 
参考文献
コンテナの数は主にこのサイトからの引用です。他にも興味深いブログがありますのでおすすめです。
①【Porta Stor「How Many Shipping Containers are Out There?」】https://porta--stor-com.translate.goog/many-shipping-containers/?_x_tr_sl=en&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_pto=op,wapp
 
TEUの詳細はこちら
②【Wikipedia「TEU」】https://ja.wikipedia.org/wiki/TEU
 
その他、色々と参考にさせていただきました
③【American shipper】https://www.freightwaves.com/news/containers-are-being-built-at-a-record-pace-its-still-not-enough#:~:text=As%20previously%20reported%20by%20American,Group%2C%20CXIC%20and%20Dong%20Fang.
 
④【American shipper】https://www.freightwaves.com/news/how-three-chinese-companies-cornered-global-container-production
 
 ここからは所感になりますが、今回のリサーチで学んだのはとりあえず英語で検索する、ということですね。インターネットは世界と繋がっていますが言語の壁に阻まれていることを痛感した次第です。また、いつ作成された記事か、いつ測定されたデータなのかということも大切ですね。案外いつ作成されたものなのかわからないものが多く、大変でした。
 ちなみにインターネット利用者は2018年調べで世界人口の57%の人が利用しているみたいです。どう思いますか?
 
 
 
 
 
コンテナのレンタルスペース 
TOPへ戻る
コンテナハウスならピースノート。中古コンテナから新造コンテナ、JIS鋼材まで幅広い品揃え。話題の陰圧設備モバイルクリニックでは発熱外来や病床まで。またテレワークスペースから子供部屋、趣味の空間、倉庫、ガレージ、グランピング施設など対応します!また、PCB廃棄物処分から産業廃棄物処分、一般廃棄物処分まで幅広くゴミ処分のことならご相談ください。家庭から出る引っ越しゴミ、大型家電、家具、空き家の丸ごと処分、解体まで承ります。