本文へ移動

会社案内

社長挨拶

私たちの根底にあるのは「お客様に育てていただく会社」「もったいないという物を大切に思う心」そして誰もやらないことを拾い集めて幸せのノートを創っていくことです。
 
ピースノート設立当初はパソコンもファックスも何もないなかでのスタートでしたが、小さな可能性を信じて、無理難題も先ずはやってみる、一人で出来なかったら、仲間(スタッフ)と知恵を絞って最後までやり抜く。これは仲間(スタッフ)を信じることからはじまります。

信じることで期待に応えようと、励む者も増えました。また、有名な会社の社長、地元の仲間、大学当時の仲間、いろいろな方が会社に集まるようになり、皆様のお悩み事を解決するために、仕事内容も日々進化を重ねております。一度出来るようになればそれは当たり前に変わり、更に上を目指せば、大切な方々の笑顔をもっと作れるようになります。
 
これからも、人としての繋がり、もったいない精神を肝に銘じ、感謝という言葉が尽きない会社として精進して参ります。

ピースノートができるまで

■ピースノート 前事務所

株式会社ピースノートは前身である有限会社河村商事から始まります。
2004年大学卒業当時、父親の期待に応えようと、大手の商社入社が決まったと報告しました。そこの会社はスタンドの実務経験から始まると嘘をついてガソリンスタンドの店員として働き始めました。一年が経ち私は友人の紹介で東京の芸能関係の会社に入ろうと社長にお話を持っていったところ、唐突に「お前社長をやらないか」と声を掛けていただきました。

 

内心、高校の時から単純に社長になりたいと思っていた私にとって、この言葉は理想の未来へ通じる明るい光が差し込んだようでした。社長という響きそして立場に魅力を感じ二つ返事で了承しました。それから三百万円を出資していただき、若干二十三歳にして有限会社河村商事の代表取締役社長となりました。仕事内容は灯油配送業です。勢いで始めた会社は上手く行くはずがなく、最初の挫折を味わいます。出資金はあっという間に底をつき、事実上倒産状態です。今までのことを深く反省しノートに書き綴るなか、そこで出た答えが「お客様に育ててもらう会社にする」です。

■地鎮祭
そして今の専務取締役であり、高校時代の同級生でもある谷田部に声を掛け、新たなスタートを迎えます。中古タイヤの輸出業も新たに加えましたが、事務所を借りられる資金もなく必死に働いてはトラックの運転席での金勘定です。そこに決まって訪れるのが、夜に巡回してくる警察官です。そして職務質問をされ一日が終わります。このビジネスにも限界を感じ、出資していただいたオーナーさんに会社の権利を譲渡し、再出発の道を選択しました。但し、灯油の配送業のみ扱えるようご配慮していただき、灯油の配送業と同時に新たな会社の職に着きました。そこの会社は新品タイヤを販売する会社で私は営業を学び、谷田部はその中の業務を学び一年が経過しました。
■ピースノート コンテナハウス新社屋
またしても苦肉の決断がやってきます。知人の社長からお誘いの話があり、今以上に営業職に専念できると確信が持てた為、知人社長の会社に入ることになります。苦楽を共にした谷田部は残り、更に一年が経ちました。谷田部が勤務する会社の方が産廃業をやるとの連絡を受け、私も出資すると同時に谷田部も参加する運びとなりました。私は私で念願だった営業成績トップとなった頃、谷田部から、「こっちの会社に来て欲しい」との誘いの電話が入ります。同志の誘いということもあり、二つ返事でその会社に入りましたが、若気の至りとも言える些細な事で、そこの社長と口論となり、引退を宣告されます。そして遂に、ピースノートの立上げとなります。勿論、谷田部も一緒です。勢いで始まった先には、お金がない、事務所もない。そんな矢先に、谷田部の実家で所有していたビンテージ化したラーメン屋の居抜き物件を手に入れる事となります。今までトラックを事務所にしていた僕たちにとっては最高の場所です。

もし一ヶ月の間に仕事が取れなければ本気でラーメン屋をやるしかないと心に誓い、産廃業をメインに清掃業や灯油の販売も含め、お金になることは何でも行いました。そして気がついたら、一人二人と仲間が増えていき、今のカタチが出来上がりました。失敗の中から得たものは大きく、以下の項目が今では極意となっております。

・ 自分の為ではなく、誰かのために働くということ。
・ 痒いところに手が届くサービスをすること。
・ 優しさとは辛い人に手を差し伸べるのではなく辛いと思うことに戦う勇気をあげること。

社訓

経営理念

どんな小さな事でも誠意を持ち、人がやらないようなピース(欠片)を拾い集め、お客様の真っ白なノートに幸せを埋めていき、お客様のドラマ(人生)の脇役になり今あること、今あるものを大切にし、人に愛される商売をする。
利他(他人に利をあげる)を大切にし、感動を与えられる人になる。商売に形を作らず、人との関わり合いを大切にした商売をし、笑倍にしていく。
常に腰は低く、志は高く、スタッフ全員が夢を語れる会社を創り、世界を変える会社を創る。

ピースノートの「8R」という理念

環境配慮に関するキーワード3Rをより広げて、8Rという独自の呼び方を考えました。
Reduce: リデュース:減らす; Reuse: リユース:繰り返し使う; Recycleはもちろん、もっと”Re”できる事がこれから環境を考える上で必要になると思います。

01.リサイクル【再利用】

再循環を指し、製品化された物を再資源化し新たな製品の原料として利用することです。
リサイクルには大きくマテリアルリサイクルとサーマルリサイクルに区分されます。マテリアルリサイクルとは素材としての再利用、サーマルリサイクルとは熱としての再利用になります。Reduce, Reuceと共に【 3R 】と呼ばれています。

02.リデュース【減らす】

英語で「減らす」のことで、環境負荷や廃棄物の発生を抑制し、無駄・非効率・必要以上の消費?生産を抑える事を指します。
ゴミそのものを出さないような考え方で、物を買ったり貰ったりする前に、本当に必要な物か、今ある物で代用出来ないか考えて行動します。
私たちの暮らしでは、エコバッグ、マイボトルやマイ箸などが良い例です。Recycle, Reuseと共に【 3R 】と呼ばれています。

03.リユース【再利用】

一度使用された製品を、そのまま、もしくは部品を使用することです。
私たちの暮らしの中では、リサイクルショップに売りに行ったり、フリーマーケットの利用などにあたります。
ビール瓶などの瓶製品なども昔からあるReuseになります。Recycle, Reduceと共に【 3R 】と呼ばれています。

04.リメイク【作り直す】

いらなくなった物や服などに、ひと手間かけて Reuse します。
古いもの、いらなくなった物、愛着があってなかなか捨てられないものを、より楽しく使いやすく蘇らせることにより、また Reduce につながっていきます。

05.リクリエイト【再創造する】

廃棄物などを材料とし、新たに製品を造り上げて行きます。
アーティストやデザイナーの方などと協力し、少しでもゴミを減らし、またより良い物を生み出して行きます。
今までゴミとして廃棄してきた物に、新たな価値を生み出し、ゴミに可能性を造りあげて行きたいと考えております。

06.リフレッシュ【新たにする】

従来の循環型社会の考え方、その上にこれらの新しい考え方をプラスして、行動や気持ちを Refresh していく考え方です。
現代の循環型社会(リサイクルの考え方)は、現状として企業?メーカーは赤字に転じる事が多く、世間で認知されているほど行われていません。また、全てのリサイクルが環境に良いわけではなく、環境破壊型リサイクルもあり、正しい見極めが必要になってきます。それらをふまえた上で、新しい循環型社会の可能性をご提案できるよう、更なる努力を続けてまいります。

07.リアライズ【理解する】

一般の方から企業の方まで、環境や廃棄物に関する問題等を少しでも理解していく考え方です。
循環型社会をもう一度見直し、より暮らしやすい生活への現実化に向けて、お手伝いさせて頂ければと考えております。

08.リアース【地球に返そう】

私たちの生活で発生する廃棄物、ゴミは、もともとは全て地球にある大切な資源から成り立っています。
これら資源は私たちが生活する地球上にある物質であり、地球の恩恵が全ての人達の暮らしを支えている、と言っても過言ではありません。
ごみや廃棄物を簡単に処理するのではなく、地球に還元できる方法、可能性を模索し、また現実化にむけて考え行動して行きたいと考えています。私たちは大切な資源を無駄なく循環させ、地球を少しでも元ある形(ReEarth)になるよう更なる努力を続けてまいります。

会社概要

会社名
株式会社ピースノート
所在地
〒320-0851 栃木県宇都宮市鶴田町1427
電話番号
028-680-6380
FAX番号
028-680-6381
代表者
代表取締役社長 河村 公威
設立年月日
2011年8月12日
業務内容
産業廃棄物収集運搬
一般廃棄物収集運搬
解体業
リフォーム
ハウスクリーニング
外 構
コンテナハウス製作

許可

■産業廃棄物収集運搬業
栃木県知事許可  第 00900164065 号
福島県知事許可  第 00707164065 号
宮城県知事許可  第 0400164065 号
群馬県知事許可  第 01000164065 号
茨城県知事許可  第 00801164065 号
埼玉県知事許可  第 01100164065 号

■特別管理産業廃棄物収集運搬業

栃木県知事許可 第00950164065 号

群馬県知事許可 第01050164065 号

■古物商
栃木県公安委員会許可 第411010002315号

■遺品整理士
認定 第IS03614 号

■一般建築業許可

建築工事業

とび・土木工事業

タイル・れんが・ブロック工事業

解体工事業

大工工事業

屋根工事業

内装仕上工事業

 

栃木県知事許可(般-30) 第 24326号

■一般廃棄物収集運搬業
宇都宮市許可  第 347 号

資格

車輌系建設機械(整地)・(解体)玉かけ

小型移動式クレーン 足場の組み立て等の作業主任

高所作業車(10m未満)石綿作業主任

ローラーの運転特別教育 職長・安全責任教育

フォークリフト運転技能 アーク溶接 ガス溶接

有機溶剤取扱い業務安全衛生教育 危険物乙4種

宅地建物取引士

増改築相談員

3級ファイナンシャルプランニング技能士

二級建築士

福祉住環境コーディネーター2級

エクステリアプランナー2級

石線使用建築物などの解体 石綿作業主任

PCB廃棄物の収集運搬業作業従事者

交通アクセス

[住 所] 〒320-0851 栃木県宇都宮市鶴田町1427

スタッフ紹介

 

ピースノートはSDGsに賛同し、8Rの実践により

循環型社会の実現を目指し、頑張ってまいります!!

 

でっかい餃子!も大切な仲間です♡

日々、地元宇都宮市の魅力発信のため活動中の餃子君です♡

ピース マンは、いつもあなたのそばに?!
 
元気の源  お客様の笑顔
趣味・特技 元気な挨拶!!お客様を笑顔にすること!
座右の銘  挨拶・笑顔・感謝
ピース カスタマー様へ
笑顔をいつもありがとうございます!
ピースカスタマー様からいただいた笑顔を糧にピースマンはどんどん成長していきます!
困ったことがあったら?
そうだ!ピースノートに聞いてみよう!
ぜひ、お家回りやごみ処分のご相談を、お待ちしております。
その道のプロのピースマンが解決いたします!
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 028-680-6380
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
TOPへ戻る