本文へ移動

PCB廃棄物処理

PCB廃棄物(特別管理産業廃棄物)

ピースノートでは低濃度PCB廃棄物と高濃度PCB廃棄物の撤去・処分を行っております。

PCB廃棄物とは?

PCB廃棄物とは

ポリ塩化ビフェニル(PCB)、ポリ塩化ビフェニルを含む油またはポリ塩化ビフェニルが塗布され、染み込み、付着し、もしくは封入された物が廃棄物となったもの(環境に影響を及ぼすおそれの少ないものとして政令で定めるものを除く)をいいます。

PCB廃棄物の処分

PCB廃棄物は難分解性で人の健康および生活環境に係る被害を生ずるおそれがあることから、特別管理産業廃棄物に定められています。
 
平成13年6月に「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」(以下「PCB特別措置法」という)が定められ、事業者が保管しているPCB廃棄物は、自ら処分し、または、処分を他人に委託しなければならないことになっています。

PCB(Polychlorinated Biphenyl)とは?

PCB(ポリ塩化ビフェニル)は、化学的に性状が安定で、燃えにくく、絶縁性が高いという特徴から、電気機器用の絶縁油、熱交換器の熱媒体、感圧複写紙等に広く利用されました。
しかし、発がん性など、様々な症状や人体への影響があきらかになり、昭和47年にPCBの製造が禁止されました(国内への輸入も禁止されています。)。
そして、処理体制が整うまで、PCBを含む廃棄物の保管が義務付けられていました。

低濃度PCB廃棄物と高濃度PCB廃棄物の処分期限

当初PCBの処分期限は平成28年7月とされていましたが、平成24年12月にPCB特別措置法施行令の一部改正があり、平成39年3月31日と定められました(処分期限は地域ごとに異なります)。
PCBの毒性
発がん性・内臓障害・神経障害
低濃度PCBの処分期限
H39年3月31日まで
高濃度PCBの処分期限
H34年3月31日まで(トランス・コンデンサ類)
H35年3月31日まで(安定器・汚染物など)
違反時の処分
環境大臣または都道府県知事の改善命令に違反すると、
3年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金に処し、またはこれを併科されます。

PCB使用の代表的な電気機器

高圧トランス

トランス内はPCBとトリクロロベンゼンの混合液(重量比3:2)で満たされています。

例えば、50kVAの場合で、約115kgのPCBが入っています。

高圧コンデンサ

コンデンサ内はPCB満たされています。

例えば、100kVAの場合で、約35kgのPCBが入っています。

安定器

コンデンサを内蔵する業務用・施設用蛍光灯器具の

安定器の巻紙のすき間に数十グラム程度のPCB油が含浸されているものがあります。

 

 

 

 

 

 PCB廃棄物処分お問い合わせフォーム
TEL. 028-680-6380
お問い合わせフォームもしくはお電話にてお問い合せください。
TOPへ戻る